ボルボが生んだ3点式シートベルト

a0165402_152919.jpg

 今では当たり前となった3点式シートベルトは、
1959年にボルボ社(ニルス・ボーリン)が開発し特許を取得した安全技術です。
 ひとりでも多くの命を救いたいという願いから、この特許を無償で公開し
世界全ての自動車メーカーが装備を可能にしました。
 1960年代以降、ボルボ社のシートベルトは100万人以上の命を救い、
数百万もの交通事故による深刻な怪我を回避もしくは軽減してきました。
 このことからも3点式シートベルトが120年に及ぶ自動車の歴史において、
最も重要な安全装置であることは明白ですが、
これはボルボ社だけが主張していることではありません。
 その有効性はドイツの特許登録機関がボルボ社(ボーリン)の発明を、
ベンツ、エジソン、ディーゼルとともに、「1885年から1985年の100年間で
人類に大きく貢献した8つの最も重要な発明」に選定。
ボルボは、最も安全を重視した素晴らしい自動車メーカーなのです。

 と言う素敵なお話でした。。。


 (ボルボ VOLVO 240 244 245 熊本 Cannon)
[PR]
by countrygarage | 2015-02-22 01:22 | VOLVO
<< ☆ 定休日 ☆ ☆ お花 ☆ >>